霊感

『代価の問題』

POWRÓT
遺産

ズィグムント・ミウォシェフスキの冒険小説『代価の問題』が 2020 年 6 月に出版された。この本の筋書きは、一世紀以上前、流刑の期間をサハリン島のアイヌの間で暮らし、人類学のパイオニアとなったポーランド人流刑囚ベネディクト・チェルスキが、ヨーロッパに戻った時から始まる。 この人物像は、ブロニスワフ・ピウスツキをかなりの程度にモデルにしている。

Zobacz również
ウラジオストク
Zdjęcie Bronisława Piłsudskiego

ピウスツキはアイヌ人 ...

日本の社会主義者たち

ピウスツキが東京で彼 ...

リトアニアへの憧れから

「高貴な思想の鍛冶屋 ...

サハリン

ブロニスワフ・ピウス ...