ニュース

ヴィリニュス日記

POWRÓT
ニュース

1882 年から 1885年にかけて、若きブロニスワフ・ピウスツキは日記をつけ、日常生活を記録していた。 彼はまた、当時のリトアニアの領地の風習を描写し、ポーランド人のヴィリニュスの雰囲気を伝えた。ピウスツキが中学校時代に書いた手記の原稿は、ポーランド文学の貴重な一篇である。 ヴィリニュスのリトアニア科学アカデミー・ヴルブレフスキ図書館のコレクションに保管されており、2021年に出版された。

Zobacz również
カジミェシュとアダム

アダム・アントニ、通 ...

ヘレナとソフィア

ヘレナ・マリア、通称 ...

日本の社会主義者たち

ピウスツキが東京で彼 ...